みなさん、こんにちは。

今日は全国各地で『春一番』が吹いたと発表されました台風
私が今いるビルも、強風のため大変な揺れですあせあせ(飛び散る汗)

さて、助成金の改正時期も近くなってまいりましたが、

すでに改正の決まっている助成金をひとつご紹介します。


新しく人を雇い入れる際に活用される【特定就職困難者雇用開発助成金】ですが、

平成25年3月1日より雇入れ対象者が拡大します。


高年齢者、障害者、母子家庭の母など就職が特に困難な人を、ハローワーク等の紹介により、
継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して、
助成金を支給する制度ですが、

平成25年3月1日からは、

一定の所得に満たない父子家庭の父も、雇い入れの対象となります。

助成対象となるのは、

児童扶養手当を受給している父子家庭の父を、平成25年3月1日以降に雇用した場合です。

(※児童扶養手当とは…児童扶養手当法に基づき、ひとり親家庭の生活の安定を自立を支援するために
  支給される手当で、児童手当ではありません。)


支給額は、(中小企業の場合)

 @ 短時間労働者として雇った場合
  
  …1人につき60万円(6か月ごとに30万円×2回の支給)

 A 短時間労働者以外として雇った場合

  …1人につき90万円(6か月ごとに45万円×2回の支給)

となっています。



助成金の受給にあたっては、上記の他にも要件があります。

ぜひ一度ご相談ください。



文責:犬丸 麻紀