みなさま、こんにちは。

以前にご紹介していた(若年者人材育成・定着支援奨励金)ですが、
今日はここで詳細をご紹介致します。


【若者チャレンジ奨励金】といい、

35歳未満の非正規雇用の若者を、自社の正社員として雇用することを前提に、
自社内での実習(OJT)と座学(OFF-JT)を組み合わせた訓練(若者チャレンジ訓練)を
実施する事業主の方に奨励金を支給する、というものです。


●訓練奨励金は

 訓練実施機関に訓練受講者1人1月当たり15万円

●正社員雇用奨励金は

 訓練修了後、訓練受講者を正社員として雇用した場合に、1人当たり
  
 1年経過時に50万円

 2年経過時に50万円 (計100万円)

 を受給することができます。

正社員としての雇用経験などが少なく職業能力形成機会に恵まれない若者を、新たに

有期契約労働者として雇い入れて訓練を実施する場合と、既に有期契約労働者等として雇用している

若者に訓練を実施する場合に活用できます。


1年度に計画することができる訓練の上限は、60人月※となります。

※人月とは、(受講者数×訓練月数)の合計をいいます。
 例:3人に3か月間の訓練を実施する場合=9人月




対象となる労働者や、訓練の期間、カリキュラム内容など、様々な要件があります。

興味をもたれた方は、ぜひご相談ください。



文責:犬丸